忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


天拝山からの夜景

天拝山に登ってみた】のつづき・・・
筑紫野市にある天拝山(標高258m)。私は山に興味があるのではなく、高い場所からの眺めに興味が有るのです。高所恐怖症のくせに。
Google Earthなんかでも簡単に似た様な光景を眺めることができますが、風や暗騒音を含む眺めの方が眺めていて楽しいです。

(画像クリックで拡大表示)
さて今回も目的は夜景鑑賞ということで、山頂お宮付近にいる猫ちゃん達と戯れながら、辺りが程良く暗くなるのを待つ。


まずは広角でマリノア・百道から福岡空港や東区、春日・大野城あたりまで


四王寺山や宝満山と太宰府方面


筑紫野市街方面


百道一帯へズーム!

レンズ描写の悪さがよくわかる・・・

大野城・太宰府インター付近へズーム!


太宰府市街から二日市一帯へズーム!


福岡空港へズーム!

トワイライトタイムあたりから分単位で飛行機が離着陸を繰り返していて、過密スケジュールなのがよくわかります。

最後に展望台入れて引きで

露光中にコンデジのフラッシュと何回も光らせてベンチや柵浮かび上がらせています。街灯類があって浮き上がっているのでは有りません。

撮影を終え、暫くファインダー越しではない夜景を堪能。いざ下山しようと、山道を照らす懐中電灯を用意。スイッチを入れると・・・・・??点かない!!!!
展望台は街明かりが明るいので、目が慣れてしまえば身の回りくらいは普通に見えていたが、山道は木々に覆われていて光など入ってこない。参ったね。Twitterで助けを呼んでみたり(笑)

結局どうしたかというと、携帯モニターの明かりを頼りにしては?との返事を貰い、そこで九千部山に行った時【九千部山へ】、コンデジのモニターが意外に明るくてそれに頼って戻った事を思い出した。今回もその方法で・・・
パワーセーブで数分ごとに電源が切れるのを、何回も入れ直しながら下山しました。電池の確認はカメラだけじゃ駄目ですね(笑)それと、カメラバックを何個も使い分けてると、懐中電灯を移し忘れることが多くて駄目ですね。

拍手[2回]

2010.02.11 (Thu) | Comments(2) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

トモさん
お久しぶりです^^
色々の場所に撮影に行かれているのですね
参考になります
ここも行ってみたいですね
いつか九千部山へご一緒させてくださいね^^

2010. 02. 13 - 20:52 | civisuke [編集]
Res:
お久しぶりです!お元気してますか?
SNSのほうのログイン回数が減りつつありますが、こちらは相変わらずウロウロと夜景巡りを行っています。
ここは夜景鑑賞登山(?)の中では比較的楽に山頂まで行ける方だと思います。一度行かれてみてはどうでしょう?

九千部山と脊振はまた行きたいですね。
タイミングが合えばご一緒しましょう。
【 2010. 02. 14 - 14:22 】

物忘れの激しくなるお年頃だから。。。

2010. 02. 12 - 15:45 | ちょび [編集]
Res:
え!もう・・・?
そんなつもりじゃぁ・・・・
抜けてるのは昔からだけど・・・・・
【 2010. 02. 13 - 13:08 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR